ユング

A.ストー 著 ; 河合隼雄 訳

フロイトと並んで無意識の世界に光を当てたユング。人間の身体的側面、特に性の問題を強調したフロイトに対し、ユングはその精神性に目を向け、元型や普遍的無意識、心理学的タイプや「自己」の概念、個性化の過程といった新たな理論を展開した。現代の精神医学に占める彼の比重はますます大きくなりつつある。本書は、ときには錬金術やオカルトの世界にも説き及ぶユングの独自な思想の体系を、客観的な観点から再評価し、その心理療法への寄与についても明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 人間的背景
  • 2 ユングの初期の研究
  • 3 元型と普遍的無意識
  • 4 心理学的タイプと心の自己統御性
  • 5 個性化の過程
  • 6 自己の概念
  • 7 心理療法への寄与

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ユング
著作者等 Storr, Anthony
河合 隼雄
ストー A.
書名ヨミ ユング
書名別名 Jung
シリーズ名 岩波現代文庫 : 学術
出版元 岩波書店
刊行年月 2000.8
ページ数 204, 3p
大きさ 15cm
ISBN 4006000235
NCID BA4784672X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20100335
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想