幸せのための経済学 : 効率と衡平の考え方

蓼沼宏一 著

経済のグローバル化、人口の高齢化、地球環境問題など、さまざまな課題を抱える現代社会…。私たちは今後、どう生きていくべきなのでしょうか。「効率」と「衡平」をキーワードに、ひとの福祉とは何か、人々の福祉を高めるために望ましい社会経済システムとはどのようなものなのかを考えます。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 経済とは?
  • 2 ひとの福祉とは?
  • 3 無駄のない経済システムとは?-効率性の考え方
  • 4 市場システムの効率性
  • 5 格差のない社会とは?-衡平性の考え方
  • 6 消費・労働に関する衡平性-無羨望配分の考え方
  • 7 消費・労働に関する衡平性-平等等価の考え方
  • 8 機能に関する衡平性
  • 9 経済学の役割
  • 10 さらに学びたいひとのために

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 幸せのための経済学 : 効率と衡平の考え方
著作者等 蓼沼 宏一
書名ヨミ シアワセ ノ タメノ ケイザイガク : コウリツ ト コウヘイ ノ カンガエカタ
書名別名 Shiawase no tameno keizaigaku
シリーズ名 〈知の航海〉シリーズ 688
岩波ジュニア新書 688
出版元 岩波書店
刊行年月 2011.6
ページ数 189p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-500688-5
NCID BB05975960
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21955902
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想