哲学ってなんだ : 自分と社会を知る

竹田青嗣 著

哲学というとなんだかむずかしそう。けれど、偉い人の立派な考えを学ぶのが哲学ではない。何か困難にぶつかったとき、ものごとを根本から考えてみたいとき、そこにはたくさんのノウハウがつまっている。哲学者たちは自由や社会、そして自己についてどう考えてきたのか。自分をよりよく知るための役に立つ哲学入門。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 哲学との出会い
  • 第2章 哲学の「方法」について
  • 第3章 哲学の難問
  • 第4章 近代の哲学者たち(近代哲学がめざしたこと
  • 自由をつきつめる)
  • 第5章 「自己」を哲学する(「自己」とは何か-自己意識と無意識
  • 他者関係の現象学)
  • おわりに 再び哲学とは何か

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 哲学ってなんだ : 自分と社会を知る
著作者等 竹田 青嗣
書名ヨミ テツガク ッテ ナンダ : ジブン ト シャカイ オ シル
書名別名 Tetsugaku tte nanda
シリーズ名 岩波ジュニア新書
出版元 岩波書店
刊行年月 2002.11
ページ数 207p
大きさ 18cm
ISBN 4005004156
NCID BA59674621
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20344657
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想