キャスターという仕事

国谷裕子 著

今という時代を映す鏡でありたい-。従来のニュース番組とは一線を画し、日本のジャーナリズムに新しい風を吹き込んだ"クローズアップ現代"。番組スタッフたちの熱き思いとともに、真摯に、そして果敢に、自分の言葉で世に問いかけ続けてきたキャスターが、二三年にわたる挑戦の日々を語る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ハルバースタムの警告
  • 自分へのリベンジ
  • クローズアップ現代
  • キャスターの役割
  • 試写という戦場
  • 前説とゲストトーク
  • インタビューの仕事
  • 問い続けること
  • 失った信頼
  • 変わりゆく時代のなかで
  • クローズアップ現代の23年を終えて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 キャスターという仕事
著作者等 国谷 裕子
書名ヨミ キャスター ト イウ シゴト
シリーズ名 岩波新書 新赤版 1636
出版元 岩波書店
刊行年月 2017.1
ページ数 246p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-431636-7
NCID BB22873333
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22852297
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想