英語で話すヒント : 通訳者が教える上達法

小松達也 著

「まず日本語で考える」「単語は全部聞き取れなくてよい」「発音よりリズム」「最寄り訳の発想で」「文法とリーディングは重要」「文学作品を楽しむべし」-。日本語を生かす通訳者の英語術には、大人の学習者に役立つヒントが満載。コミュニケーションの現場で求められる、発信型の"使える英語力"を身につけるために、必読の1冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 通訳と英語学習
  • 第2章 まず聞き取る
  • 第3章 意味の理解
  • 第4章 英語で話す
  • 第5章 誤解なく伝えるには
  • 第6章 日本語でこう言いたい時
  • 第7章 継続は力なり-通訳者として、教師として

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 英語で話すヒント : 通訳者が教える上達法
著作者等 小松 達也
書名ヨミ エイゴ デ ハナス ヒント : ツウヤクシャ ガ オシエル ジョウタツホウ
シリーズ名 岩波新書 新赤版1350
出版元 岩波書店
刊行年月 2012.1
ページ数 183p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-431350-2
NCID BB07959772
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22051511
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想