中国侵略の証言者たち : 「認罪」の記録を読む

岡部牧夫, 荻野富士夫, 吉田裕 編

日本軍は戦中、中国でどんな侵略行為を働いたのか-その加害の実態についていまだ論争が続く。そんななか、中国により戦犯として起訴された四五名の元日本軍兵士・「満州国」官僚らの供述書が、近年全文公開された。極めて詳細なこれら証言から、「満州国」統治や侵略行為の実相、そして彼らが罪を認める過程を具体的に検証する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「認罪」への道-撫順・太原戦犯管理所における体験(撫順・太原の日本人戦犯
  • 「認罪」はどのように行なわれたか)
  • 第2章 日本は「満州国」で何をしたのか-「侵略」の証言1(「満州国」高級官僚が語る財政・産業・阿片政策
  • 「満州国」の治安体制)
  • 第3章 三光作戦とは何だったのか-「侵略」の証言2(華北における三光作戦の展開
  • 供述書に綴られた「三光作戦」)
  • 第4章 なぜ日本は「侵略」という認識をもたなかったのか-戦後日本社会のなかの中帰連(敗戦前後の状況
  • GHQによる非軍事化・民主化政策 ほか)
  • 第5章 帰国後の元戦犯たちの歩み-「中帰連」一メンバーの視点から(ある戦犯兵士の軌跡
  • 戦時中の自分を否定する ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中国侵略の証言者たち : 「認罪」の記録を読む
著作者等 仁木 ふみ子
伊香 俊哉
吉田 裕
岡部 牧夫
張 宏波
笠原 十九司
荻野 富士夫
豊田 雅幸
高橋 哲郎
書名ヨミ チュウゴク シンリャク ノ ショウゲンシャタチ : ニンザイ ノ キロク オ ヨム
書名別名 Chugoku shinryaku no shogenshatachi
シリーズ名 岩波新書 新赤版1242
出版元 岩波書店
刊行年月 2010.4
ページ数 189p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-431242-0
NCID BB01769752
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21765080
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想