思い出袋

鶴見俊輔 著

戦後思想史に独自の軌跡をしるす著者が、戦中・戦後をとおして出会った多くの人や本、自らの決断などを縦横に語る。抜きん出た知性と独特の感性が光る多彩な回想のなかでも、その北米体験と戦争経験は、著者の原点を鮮やかに示している。著者八十歳から七年にわたり綴った『図書』連載「一月一話」の集成に、書き下ろしの終章を付す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 はりまぜ帖
  • 2 ぼんやりした記憶
  • 3 自分用の索引
  • 4 使わなかった言葉
  • 5 そのとき
  • 6 戦中の日々
  • 7 アメリカ 内と外から

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 思い出袋
著作者等 鶴見 俊輔
書名ヨミ オモイデブクロ
書名別名 Omoidebukuro
シリーズ名 岩波新書 新赤版1234
出版元 岩波書店
刊行年月 2010.3
ページ数 229p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-431234-5
NCID BB01497346
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21750990
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想