子どもの貧困 : 日本の不公平を考える

阿部彩 著

健康、学力、そして将来…。大人になっても続く、人生のスタートラインにおける「不利」。OECD諸国の中で第二位という日本の貧困の現実を前に、子どもの貧困の定義、測定方法、そして、さまざまな「不利」と貧困の関係を、豊富なデータをもとに検証する。貧困の世代間連鎖を断つために本当に必要な「子ども対策」とは何か。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 貧困世帯に育つということ
  • 第2章 子どもの貧困を測る
  • 第3章 だれのための政策か-政府の対策を検証する
  • 第4章 追いつめられる母子世帯の子ども
  • 第5章 学歴社会と子どもの貧困
  • 第6章 子どもにとっての「必需品」を考える
  • 第7章 「子ども対策」に向けて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 子どもの貧困 : 日本の不公平を考える
著作者等 阿部 彩
書名ヨミ コドモ ノ ヒンコン : ニホン ノ フコウヘイ オ カンガエル
書名別名 Kodomo no hinkon
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 2008.11
ページ数 249, 7p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-431157-7
NCID BA87904694
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21540800
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想