小説の読み書き

佐藤正午 著

小説家は小説をどう読み、また書くのか。近代日本文学の大家たちの作品を丹念に読み解きながら、「小説の書き方」ではない「小説家の書き方」を、小説家の視点から考える斬新な試み。読むことは書くことに近づき、読者の数だけ小説は書かれる。こんなふうに読めば、まだまだ小説だっておもしろい。小説の魅力が倍増するユニークな文章読本。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 川端康成『雪国』
  • 志賀直哉『暗夜行路』
  • 森鴎外『雁』
  • 永井荷風『つゆのあとさき』
  • 夏目漱石『こころ』
  • 中勘助『銀の匙』
  • 樋口一葉『たけくらべ』
  • 三島由紀夫『豊饒の海』
  • 山本周五郎『青べか物語』
  • 林芙美子『放浪記』〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 小説の読み書き
著作者等 佐藤 正午
書名ヨミ ショウセツ ノ ヨミカキ
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 2006.6
ページ数 232p
大きさ 18cm
ISBN 4004310245
NCID BA77284414
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21073524
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想