スコットランド歴史を歩く

高橋哲雄 著

氏族の誇りを示すタータン柄のキルトや民族の英雄叙事詩「オシアン」など、古代に遡る「伝統」とされていたものの思いがけない起源。それは英・仏という大国の間に挟まれ、内部には分裂を抱えたこの小国の複雑な軌跡と深くかかわりを持っていた。聖堂や古城、渓谷などをめぐる旅から浮かび上がる、スコットランド国民再生の歴史。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめに 風景のなかのスコットランド史
  • 第1章 二つの国-ハイランドとロウランド
  • 第2章 聖人の国から聖書の国へ
  • 第3章 合邦あとさき-悲しい結婚式の日
  • 第4章 オシアン事件
  • 第5章 キルトとタータンの国
  • 第6章 "知"に生きる人びと-「スコットランド啓蒙」の内側
  • 第7章 "実"の世界をつくる人びと

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 スコットランド歴史を歩く
著作者等 高橋 哲雄
書名ヨミ スコットランド レキシ オ アルク
書名別名 Sukottorando rekishi o aruku
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 2004.6
ページ数 232p
大きさ 18cm
ISBN 400430895X
NCID BA67469424
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20645989
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想