反骨のジャーナリスト

鎌田慧 著

独立不羈の言論人・陸羯南、底辺からの告発者・横山源之助、凛然と発言する「新しい女」平塚らいてう、「生涯一記者」を貫いた斎藤茂男…日本の近現代にあって、権力や時代の風調にペンで戦いを挑んだ人々から、十人を取り上げる。時代に迎合せぬ彼らの生き方は、「反骨」を忘れかけた現代のジャーナリズムに鋭く問いをつきつけている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 独立不羈の覚悟-陸羯南
  • 2 ルポルタージュの先覚-横山源之助
  • 3 元始、女性は太陽であった-平塚らいてう
  • 4 自由への疾走-大杉栄
  • 5 過激にして愛嬌あり-宮武外骨
  • 6 関東防空大演習を嗤う-桐生悠々
  • 7 国家よりはるか遠くに-尾崎秀実
  • 8 不屈の"弱者"-鈴木東民
  • 9 北の地にたいまつを掲げて-むのたけじ
  • 10 生涯一記者-斎藤茂男

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 反骨のジャーナリスト
著作者等 鎌田 慧
書名ヨミ ハンコツ ノ ジャーナリスト
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 2002.10
ページ数 227p
大きさ 18cm
ISBN 4004308089
NCID BA59071116
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20342298
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想