思想としての近代経済学

森嶋通夫 著

近代経済学はどのような価値観、社会像にもとづいて形成されたのか。ワルラス、シュンペーター、ケインズ、ヒックスらの描いたビジョンを検討するとともに、壮大な理論体系の構築をめざしたマルクス、ウェーバーらの思想をも根底から問い直す。現代社会の厳しい変貌を見すえつつ従来の通説にとらわれずに展開する、創見に満ちた経済学観。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 近代経済学私観
  • 第1部 ビジョンと理論-市場の多様化と価格機能(リカード
  • ワルラス
  • シュンペーター
  • ヒックス
  • 高田保馬
  • ヴィクセル)
  • 第2部 ビジョンの充実-経済学と社会学の総合(マルクス
  • ウェーバー
  • シュンペーター
  • パレート)
  • 第3部 パラダイムの転換-自由放任から修正主義へ(フォン・ミーゼス
  • ケインズ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 思想としての近代経済学
著作者等 森嶋 通夫
書名ヨミ シソウ ト シテノ キンダイ ケイザイガク
書名別名 Shiso to shiteno kindai keizaigaku
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1994.2
ページ数 246p
大きさ 18cm
ISBN 4004303214
NCID BN10369603
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94036238
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想