人間の学としての倫理学

和辻哲郎 著

「倫」はなかま、「理」はことわり、すなわち「倫理」とは、人間共同態の存在根底としての秩序である。主著『倫理学』の方法論的序説とされる本書で和辻は、アリストテレスからマルクスにいたる西洋哲学の人間観と方法を十分に咀嚼した上で、人倫の体系としての倫理学という独自の筋みちを提示。日本倫理学に革新をもたらした。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 人間の学としての倫理学の意義(「倫理」という言葉の意味
  • 「人間」という言葉の意味
  • 「世間」あるいは「世の中」の意義
  • 「存在」という言葉の意味
  • 人間の学としての倫理学の構想
  • アリストテレスのPolitike
  • カントのAnthropologie
  • コーヘンにおける人間の概念の学
  • ヘーゲルの人倫の学
  • フォイエルバハの人間学
  • マルクスの人間存在)
  • 第2章 人間の学としての倫理学の方法(人間の問い
  • 問われている人間
  • 学としての目標
  • 人間存在への通路
  • 解釈学的方法)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人間の学としての倫理学
著作者等 和辻 哲郎
書名ヨミ ニンゲン ノ ガク ト シテノ リンリガク
書名別名 Ningen no gaku to shiteno rinrigaku
シリーズ名 岩波文庫
出版元 岩波書店
刊行年月 2007.6
ページ数 277, 8p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-00-381104-7
NCID BA82181294
BN02568590
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21266520
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想