アルゴールの城にて

ジュリアン・グラック 作 ; 安藤元雄 訳

20世紀フランス文学において特異な存在感を誇るジュリアン・グラック(1910‐2007)のデビュー作。舞台は海と広大な森を控えてそびえ立つ古城。登場人物は男2人と女1人。何かが起こりそうな予感と暗示-。練りに練った文章で、比喩に比喩を積み重ね、重層的なイメージを精妙な和音や不意打ちの不協和音のように響かせる。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アルゴールの城にて
著作者等 Gracq, Julien
安藤 元雄
グラック ジュリアン
書名ヨミ アルゴール ノ シロ ニテ
書名別名 AU CHÂTEAU D'ARGOL

Arugoru no shiro nite
シリーズ名 岩波文庫 37-515-1
出版元 岩波書店
刊行年月 2014.1
ページ数 200p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-00-375128-2
NCID BB14487265
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22360921
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想