道徳感情論  下

アダム・スミス 著 ; 水田洋 訳

上から諸個人を統轄する徳目の説明ではなく、社会のなかでしか生きていけない諸個人が、自発的につくりあげる平和的共存の理論を展関する。本巻には、第四部から第六部までを収め、巻末に第三版に再録された「諸言語の起源に関する論文」を収める。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第4部 明確な是認の感情にたいする効用の効果について(効用があるという外観が、技術のすべての作品にあたえる美しさについて、そしてこの種の美しさの広範な影響について
  • 効用があるという外観が、人びとの性格と行動にあたえる美しさについて、そしてこの美しさの知覚が、どれだけ、明確な是認の本源的な諸原理のひとつとみなされうるかについて)
  • 第5部 明確な道徳的是認および否認の諸感情にたいする、慣習と流行の影響について(美しさとみにくさについてのわれわれの諸見解にたいする、慣習と流行の影響について
  • 道徳的諸感情にたいする、慣習と流行の影響について)
  • 第6部 道徳哲学の諸体系について(道徳的諸感情の理論において、検討されるべき諸問題について
  • 徳の本性にかんしてこれまであたえられてきた、さまざまな説明について
  • 明確な是認の原理にかんして形成されてきた、さまざまな体系について
  • さまざまな著者たちが、良俗の実際的な諸規則を、とりあつかってきたそのやり方について)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 道徳感情論
著作者等 Smith, Adam
水田 洋
スミス アダム
書名ヨミ ドウトク カンジョウロン
書名別名 The theory of moral sentiments
シリーズ名 岩波文庫
巻冊次
出版元 岩波書店
刊行年月 2003.4
版表示 The second edition
ページ数 472, 32p
大きさ 15cm
ISBN 4003410572
NCID BA67873995
BA67874604
BA87076399
BA60914096
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20408323
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想