種の起原  上

ダーウィン 著 ; 八杉竜一 訳

自然選択と適者生存の事実を科学的に実証して進化論を確立し、自然科学の分野においてはもちろん、社会観・文化観など物の見かた全般に決定的な影響を及ぼした著作として、この『種の起原』の名を知らぬ人はあるまい。本訳書は、底本に1859年の初版を用い、さらに最終第6版までの各版の異同をくわしく記した決定訳である。

「BOOKデータベース」より

自然選択と適者生存の事実を科学的に実証して進化論を確立し、自然科学の分野においてはもちろん、社会観・文化観など物の見かた全般に決定的な影響を及ぼした著作として、この『種の起原』の名を知らぬ人はあるまい。本訳書は、底本に1859年の初版を用い、さらに最終第6版までの各版の異同をくわしく記した決定訳である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 飼育栽培のもとでの変異
  • 第2章 自然のもとでの変異
  • 第3章 生存闘争
  • 第4章 自然選択
  • 第5章 変異の法則
  • 第6章 学説の難点
  • 第7章 本能
  • 第8章 雑種
  • 付録 種の起原にかんする意見の進歩の歴史的概要

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 飼育栽培のもとでの変異
  • 自然のもとでの変異
  • 生存闘争
  • 自然選択
  • 変異の法則
  • 学説の難点
  • 本能
  • 雑種
  • 付録 種の起原にかんする意見の進歩の歴史的概要

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 目次
  • 訳者まえがき
  • 序言 / p9
  • 第一章 飼育栽培のもとでの変異 / p17
  • 第二章 自然のもとでの変異 / p63
  • 第三章 生存闘争 / p83
  • 第四章 自然選択 / p107
  • 第五章 変異の法則 / p171
  • 訳者注 / p217
  • 付録 種の起原にかんする意見の進歩の歴史的概要 / p240
  • 解題 / p257
  • 中・下巻目次 / p270

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 種の起原
著作者等 Darwin, Charles
八杉 竜一
ダーウィン チャールズ
八杉 龍一
ダーウィン
書名ヨミ シュ ノ キゲン
シリーズ名 岩波文庫
巻冊次
出版元 岩波書店
刊行年月 1963
版表示 改版
ページ数 271p
大きさ 15cm
ISBN 4003391241
NCID BN00924049
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
63006207
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想