海東諸国紀 : 朝鮮人の見た中世の日本と琉球

申叔舟 著 ; 田中健夫 訳注

李氏朝鮮の最高の知識人でハングル制定にも寄与した申叔舟が、日本と琉球の歴史・地理・風俗・言語・通交の実情を克明に記した書。当時、李朝の外交担当官が常に座右においたといわれ、日本・琉球が朝鮮人からどのように理解・意識され、どのように応接されてきたかを知ることのできる貴重な文献である。

「BOOKデータベース」より

李氏朝鮮の最高の知識人でハングル制定にも寄与した申叔舟(1417‐75)が、日本と琉球の歴史・地理・風俗・言語・通交の実情を克明に記した書(1471)。当時、李朝の外交担当官が常に座右においたといわれ、日本・琉球が朝鮮人からどのように理解・意識され、どのように応接されてきたかを知ることのできる貴重な文献である。影印・索引を付す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 海東諸国紀(海東諸国紀目録・凡例
  • 海東諸国総図
  • 日本本国の図
  • 日本国西海道九州の図
  • 日本国一岐島の図
  • 日本国対馬島の図 ほか)
  • 海東諸国紀影印(原文)

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 海東諸国紀(海東諸国紀序
  • 海東諸国紀目録・凡例
  • 海東諸国総図
  • 日本本国の図
  • 日本国西海道九州の図
  • 日本国一岐島の図
  • 日本国対馬島の図
  • 琉球国の図
  • 熊川齊浦の図
  • 東莱富山浦の図 ほか)
  • 海東諸国紀影印(原文)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 海東諸国紀 : 朝鮮人の見た中世の日本と琉球
著作者等 田中 健夫
申 叔舟
書名ヨミ カイトウ ショコクキ
書名別名 Kaito shokokuki
シリーズ名 岩波文庫
出版元 岩波書店
刊行年月 1991.12
ページ数 440, 13p
大きさ 15cm
ISBN 4003345819
NCID BN07037569
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92020021
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 韓国語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想