華国風味

青木正児 著

中国文学史の研究に巨歩をしるす著者が、その精深な知識と体験をかたむけてものしたエッセー12篇。中国大陸で多彩な発達をとげた各種粉食の歴史、江南の地でついに賞味するを得た紹興酒の絶品の話、喫茶法の変遷、筍を焼いて食う話など、食いしんぼうと上戸にはこたえられぬ佳篇ぞろい、しかも学問の太い筋がびしっと通っている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 粉食小史
  • 愛餅の説
  • 愛餅余話
  • 饂飩の歴史
  • 落雁と白雪〓
  • 用匙喫飯考
  • 花彫
  • 末茶源流
  • 焼筍
  • 〓菜譜
  • 付録(陶然亭
  • 花甲寿菜単)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 華国風味
著作者等 青木 正児
書名ヨミ カコク フウミ
シリーズ名 岩波文庫
出版元 岩波書店
刊行年月 1984.5
ページ数 237p
大きさ 15cm
ISBN 4003316517
NCID BN01530300
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
84044904
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想