タタール人の砂漠

ブッツァーティ 作 ; 脇功 訳

辺境の砦でいつ来襲するともわからない敵を待ちつつ、緊張と不安の中で青春を浪費する将校ジョヴァンニ・ドローゴ-。神秘的、幻想的な作風でカフカの再来と称される、現代イタリア文学の鬼才ブッツァーティ(一九〇六‐七二)の代表作。二十世紀幻想文学の古典。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 タタール人の砂漠
著作者等 Buzzati, Dino
脇 功
ブッツァーティ
書名ヨミ タタールジン ノ サバク
書名別名 IL DESERTO DEI TARTARI

Tatarujin no sabaku
シリーズ名 岩波文庫 32-719-1
出版元 岩波書店
刊行年月 2013.4
ページ数 353p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-00-327191-9
NCID BB12218885
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22243452
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 イタリア語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想