車輪の下

ヘルマン・ヘッセ 作 ; 実吉捷郎 訳

誇りと喜びにあふれて首都の神学校に入学したハンスがそこで見出したものは、詰めこみ主義の教育と規則ずくめの寄宿舎生活であり、多感で反抗的な友人の放校であった。疲れ果てて父の家に戻った彼は機械工として再び人生を始めようとするが…。重い「車輪の下」にあえなく傷つく少年の魂を描くヘッセ(1877‐1962)の永遠の青春小説。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 目次
  • 第一章 / 5
  • 第二章 / 40
  • 第三章 / 70
  • 第四章 / 112
  • 第五章 / 148
  • 第六章 / 172
  • 第七章 / 201
  • 解説 / 231

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 車輪の下
著作者等 Hesse, Hermann
実吉 捷郎
ヘッセ ヘルマン
高橋 健二
ヘルマン・ヘッセ
書名ヨミ シャリン ノ シタ
シリーズ名 岩波文庫
出版元 岩波書店
刊行年月 1958
版表示 第68刷改版
ページ数 234p
大きさ 15cm
ISBN 4003243528
NCID BA47715255
BA89806878
BN01048482
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
58002614
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想