青白い炎

ナボコフ 作 ; 富士川義之 訳

帝政ロシアで生まれ、亡命作家として生きたナボコフ(1899‐1977)。999行から成る長篇詩に、前書きと詳細かつ膨大な註釈、そして索引まで付した学問的註釈書のパロディのようなこの"小説"は、いったいどう読んだらいいのだろうか。はたして"真実"とは?諧謔を好んだ『ロリータ』の著者ならではの文学的遊戯に満ちた問題作。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 青白い炎
著作者等 Nabokov, Vladimir Vladimirovich
富士川 義之
Nabokov Vladimir
ナボコフ
書名ヨミ アオジロイ ホノオ
書名別名 PALE FIRE

Aojiroi hono
シリーズ名 岩波文庫 32-341-1
出版元 岩波書店
刊行年月 2014.6
ページ数 584p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-00-323411-2
NCID BB15824440
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22426976
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想