六白金星 可能性の文学 : 他十一篇

織田作之助 作織田作之助 作

大阪の庶民のねばり強い人生と、大阪という土地そのものが醸しだす雰囲気を独特の言葉遣いで写しとった織田作之助(一九一三‐四七)の、戦後発表の代表的短篇十一篇と評論二篇を収録。大阪を愛した作家による、なつかしい大阪がよみがえる。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 六白金星 可能性の文学 : 他十一篇
著作者等 織田 作之助
書名ヨミ ロッパク キンセイ. カノウセイ ノ ブンガク
シリーズ名 岩波文庫 31-185-1
出版元 岩波書店
刊行年月 2009.8
ページ数 392p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-00-311851-1
NCID BA91064462
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21652080
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
アド・バルーン 織田作之助 作
世相 織田作之助 作
二流文楽論 織田作之助 作
六白金星 織田作之助 作
可能性の文学 織田作之助 作
大阪の女 織田作之助 作
女の橋 織田作之助 作
競馬 織田作之助 作
船場の娘 織田作之助 作
表彰 織田作之助 作
解説 可能性の「織田作」 佐藤秀明
道なき道 織田作之助 作
郷愁 織田作之助 作
織田作之助 作
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想