風と光と二十の私と いずこへ : 他十六篇

坂口安吾 作坂口安吾 作

安吾、安吾、安吾-安吾とはいったい誰か。坂口炳五はいかにして安吾になったのか。"求道者・安吾"、"落伍者・安吾"、そして何よりも"作家・安吾"。冷徹に現実を見つめる"鬼の目"、そして"いたわりの視線"。安吾にとって、自伝的作品を書くことは、自分の思想や生き方と自分の過去との全面的対決であった。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 風と光と二十の私と いずこへ : 他十六篇
著作者等 坂口 安吾
書名ヨミ カゼ ト ヒカリ ト ハタチ ノ ワタクシ ト. イズコ エ : ホカ ジュウロクヘン
書名別名 Kaze to hikari to hatachi no watakushi to. Izuko e : Hoka jurokuhen
シリーズ名 岩波文庫
出版元 岩波書店
刊行年月 2008.11
ページ数 420p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-00-311823-8
NCID BA8786297X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21539454
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想