桜の森の満開の下 白痴 : 他十二篇

坂口安吾 作坂口安吾 作

桜の森の満開の下は怖ろしい。妖しいばかりに美しい残酷な女は掻き消えて花びらとなり、冷たい虚空がはりつめているばかり-。女性とは何者か。肉体と魂。男と女。安吾にとってそれを問い続けることは自分を凝視することに他ならなかった。淫蕩、可憐、遊び、退屈、…。すべてはただ「悲しみ」へと収斂していく。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 桜の森の満開の下 白痴 : 他十二篇
著作者等 坂口 安吾
書名ヨミ サクラ ノ モリ ノ マンカイ ノ シタ. ハクチ : ホカ ジュウニヘン
書名別名 Sakura no mori no mankai no shita. Hakuchi : Hoka junihen
シリーズ名 岩波文庫
出版元 岩波書店
刊行年月 2008.10
ページ数 413p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-00-311822-1
NCID BA87455728
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21509009
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想