滅亡について

武田泰淳 著 ; 川西政明 編

作家武田泰淳は、一兵士として中国へ行き、敗戦を上海で迎えた。その時の屈折した心境を日本と中国のちがいに着目してつづった評論「滅亡について」は、泰淳の出発点であるとともに、戦後文学がうんだ記念碑的作品である。生涯、文学者としていかに社会とかかわるかを追求したその文学論・作家論の精髄31篇を収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 支那文化に関する手紙
  • 勧善懲悪について
  • 中国の小説と日本の小説
  • 魯迅とロマンティシズム
  • 谷崎潤一郎論
  • 井伏鱒二論
  • 玩物喪志の志-川端康成小論
  • 作家の狼疾-中島敦『わが西遊記』をよむ
  • 吉川英治論-業深きなかより
  • 「あっは」と「ぷふい」-埴谷雄高『死霊』について
  • 三島由紀夫氏の死ののちに
  • 作家と作品
  • 私の創作体験〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 滅亡について
著作者等 川西 政明
武田 泰淳
書名ヨミ メツボウ ニ ツイテ
書名別名 他三十篇 評論集

Metsubo ni tsuite
シリーズ名 岩波文庫
出版元 岩波書店
刊行年月 1992.6
ページ数 374p
大きさ 15cm
ISBN 4003113411
NCID BN07740984
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92055468
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想