ランボオ詩集

ランボオ [著] ; 中原中也 訳

「季節が流れる、城寨が見える…」早熟早世の二人の詩人の個性がぶつかり合って生まれた化合物とでも言うべき訳詩集。中也は自らの詩人としての嗅覚を頼りにランボオの詩を読み解き、無手勝流に見事なまでの中也節で訳し上げてみせた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 三笠書房版『ランボオ詩集-学校時代の詩』
  • 野田書房版『ランボオ詩集』(初期詩篇
  • 飾画篇
  • 追加篇
  • 附録・失はれた毒薬(未発表詩))
  • 未発表翻訳詩篇(ノート翻訳詩
  • 翻訳詩ファイル
  • 翻訳草稿詩篇)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ランボオ詩集
著作者等 Rimbaud, Arthur
中原 中也
宇佐美 斉
書名ヨミ ランボオ シシュウ
シリーズ名 岩波文庫 31-097-2
出版元 岩波書店
刊行年月 2013.8
ページ数 297,4p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-00-310972-4
NCID BB13213344
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22298866
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想