防雪林・不在地主

小林多喜二 著

「目付かって、たまるもんけ」秋味(鮭)の密漁で石狩川の冬を凌ぎ、渾身の力で地主に抗う若者を描いた未定稿「防雪林」。小作争議の主題をさらに展開し、道庁小役人の背後に蠢く都会の搾取を暴いた「不在地主」。貧困と正義を問い29歳で国家に殺された作家の、ふるさとの言と魂こもる北海道小説。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 目次
  • 防雪林 / 5
  • 不在地主 / 119
  • 解說(江口渙) / 255

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 防雪林・不在地主
著作者等 小林 多喜二
書名ヨミ ボウセツリン フザイ ジヌシ
シリーズ名 岩波文庫
出版元 岩波書店
刊行年月 1953
ページ数 260p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-00-310883-3
全国書誌番号
53005818
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想