性について語ろう : 子どもと一緒に考える

池上千寿子 著

性について語るなんて恥ずかしい?でも、そもそも性ってなんだろう?性別のこと?セックスのこと?性とは、人が生きることそのもの!この本では、思春期の悩みから多様な性のありようまで、「いのちと自尊感情」をキーワードに、基本的な理解を育むためのヒントを提供します。これを読めば、いつでも、どこでも、始められる-豊かな人間関係を築いていくための性教育の手引き。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 生きてここにある、という不思議-いのちと自尊感情
  • 第2章 からだはすごい教科書だ-からだについて
  • 第3章 ゆれうごく思春期-からだの悩み、こころの悩み
  • 第4章 こんなときどうする?-大人にしてほしい対応
  • 第5章 人と人とをつなぐ性-関係とコミュニケーション
  • 第6章 多様な性のありよう-セクシュアリティについて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 性について語ろう : 子どもと一緒に考える
著作者等 池上 千寿子
書名ヨミ セイ ニ ツイテ カタロウ : コドモ ト イッショ ニ カンガエル
シリーズ名 岩波ブックレット No.872
出版元 岩波書店
刊行年月 2013.6
ページ数 63p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-00-270872-0
NCID BB12599723
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22276471
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想