すこぶるテレビ

和田勉 著

この本はもしかしてテレビの「映像」であるかもしれぬという、ぼくなりの、ぼくにとっての「演出」なんです-。愛犬ロシアとの散歩の途中に浮ぶさまざまな怒りと悲しみと駄洒落はテレビの誕生とともに生まれた演出家和田勉のテレビ生活40年の決算であり、明日の日本文化のための考察なのだ。書下し。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 感頭犬(A)
  • 関東圏(B)
  • 肝頓見(C)
  • ランク=原則-散漫なハナシ
  • 「ロシア」詩集-ロシアの参加
  • テレビ全体構図
  • 『チンプン見聞』
  • "人間(またはぼく)の現状"

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 すこぶるテレビ
著作者等 和田 勉
書名ヨミ スコブル テレビ
書名別名 Sukoburu terebi
シリーズ名 同時代ライブラリー 180
出版元 岩波書店
刊行年月 1994.3
ページ数 210, 5p
大きさ 16cm
ISBN 4002601803
NCID BN1047594X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94042211
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想