宮沢賢治 : 存在の祭りの中へ

見田宗介 著

常にみずみずしい詩や童話、農民たちとの共生を夢みた教師生活と<羅須地人協会>の活動-。わたしたちを永遠に問いつづける彼の意識とは身体とは自我とは何だったのか?詩のかなたの詩を生きた人間宮沢賢治の軌跡を現代の思想として甦らせた名著に、異文化と呼応する賢治の世界を論じた一章を増補した決定版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 銀河と鉄道
  • 第1章 自我という罪
  • 第2章 焼身幻想
  • 第3章 存在の祭りの中へ
  • 第4章 舞い下りる翼
  • 補章 風景が離陸するとき-シャイアンの宮沢賢治

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 宮沢賢治 : 存在の祭りの中へ
著作者等 見田 宗介
書名ヨミ ミヤザワ ケンジ
シリーズ名 同時代ライブラリー 77
出版元 岩波書店
刊行年月 1991.8
ページ数 290p
大きさ 16cm
ISBN 4002600777
NCID BN0661876X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91070127
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想