原爆死の真実

NHKスペシャル取材班 著

八月六日、原爆投下三時間後に撮影された写真から再現される地獄の真実。人びとはどう逃げ、何を目にし、どんな音を耳にし、どのような苦痛を耐え忍び、あるいは力尽きていったのか。緻密な証言収集に科学的分析を加え、原爆によって人はどう死んでいったのか、その本当の酷さを解明。人類史上初めての使用から七〇年以上経ってなお、いまだ拡散する核兵器の非人道性を明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 きのこ雲の下の二枚の写真
  • 第2章 橋の上には凄惨な光景が広がっていた
  • 第3章 写真にはどのような"痛み"が写し出されているか
  • 第4章 橋の上は、命を救う最前線だった
  • 第5章 私は友を置いて橋へと逃げた
  • 終章 原爆は市民の上に落とされた

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 原爆死の真実
著作者等 NHKスペシャル取材班
日本放送協会
書名ヨミ ゲンバクシ ノ シンジツ : キノコグモ ノ シタ デ オキテ イタ コト
書名別名 きのこ雲の下で起きていたこと
出版元 岩波書店
刊行年月 2017.7
ページ数 184p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-00-061208-1
NCID BB24149983
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22937373
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想