不安  下

ジャック・ラカン [著] ; ジャック=アラン・ミレール 編 ; 小出浩之, 鈴木國文, 菅原誠一, 古橋忠晃 訳

「不安」、それは「対象なし」ではない-古今東西のエロスとタナトスを自在に巡りながら、自我の奥底に閉じ込められた「不安」を自他の弁証法の「残余」として取り出すダイナミックな考察は、ラカン思想を、精神分析はもとより、哲学、社会学を含む広大な領域での不可欠な基盤に至らしめた。ラカン思想全域を、真に今日的課題の中で活かすための枠組みとして理解するに不可欠な、熱気あふれるセミネール第一〇巻。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 不安 享楽と欲望の間(不安、現実的なものの信号
  • 愛に関するアフォリズム
  • 女、より真実の、そしてより現実的なもの
  • 雄の要件)
  • 対象aの五つの形(仏陀の瞼
  • 口と眼
  • ヤーヴェの声
  • 消えゆくファルス-去勢不安からオルガスムスへ
  • 耳から入るもの
  • ピアジェの水栓
  • 肛門的なものから理想へ
  • 点に還元できない円について
  • αからいくつかの"父の名"へ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 不安
著作者等 Lacan, Jacques
Miller, Jacques-Alain
古橋 忠晃
小出 浩之
菅原 誠一
鈴木 国文
Miller Jacques‐Alain
ミレール ジャック=アラン
鈴木 國文
ラカン ジャック
書名ヨミ フアン
書名別名 LE SÉMINAIRE DE JACQUES LACAN.Livre 10:L'Angoisse 1962-1963
巻冊次
出版元 岩波書店
刊行年月 2017.5
ページ数 286p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-00-061187-9
NCID BB2337124X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22906578
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想