憲法と民主主義を学びなおす

山口二郎, 杉田敦, 長谷部恭男 編

私たちは今、戦後七〇年にわたる日本の平和主義、民主主義の歩みに基づいて、憲法と民主主義の意味を学びなおし、"憲法の敵"を見極めなくてはならない。立憲主義、代表制民主主義、緊急事態条項などをテーマに「立憲デモクラシーの会」が行ってきた講座の記録を集成し、巻末に樋口陽一・三谷太一郎特別対談を収録した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 立憲デモクラシーとは何か-"二〇一五年安保"から考える(戦後七〇年における政体の転換-立憲対非立憲をめぐって
  • 代表制民主主義と参加民主主義との確執
  • グローバルな寡頭支配vs.立憲デモクラシー
  • 私たちの声を議会へ-代表制民主主義の再生)
  • 第2部 "憲法の敵"とどう戦うか(憲法から見た放送規制
  • 憲法九条の削除・改訂は必要か
  • 座談会 緊急事態条項を考える)
  • 第3部 特別対談(戦後民主主義は終わらない-吉野作造の遺産を引き継ぐために)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 憲法と民主主義を学びなおす
著作者等 山口 二郎
杉田 敦
長谷部 恭男
書名ヨミ ケンポウ ト ミンシュ シュギ オ マナビナオス : リッケン デモクラシー コウザ
書名別名 立憲デモクラシー講座

Kenpo to minshu shugi o manabinaosu
出版元 岩波書店
刊行年月 2016.6
ページ数 178p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-00-061135-0
NCID BB21598845
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22775495
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想