書物史への扉

宮下志朗 著

ときには熱狂し、ときには美しさに見とれ、ときには別世界に思いを馳せる-本を読む/書くという行為を通じて、わたしたち人間は生き、この社会をつくりあげてきたのではないだろうか。西洋中世の豪華写本から、一五世紀の羊飼いの日記、揺籃活字本、「瓦版」、はたまた越中富山の薬袋まで、書物と文字文化に関する愉快かつ深いお話を満載。ルネサンス文学と書物史の研究を牽引してきた著者による、カラー版書物文化史案内。『図書』好評連載の単行本化。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 秀麗なる写本たち
  • 手稿と手職のたのしみ
  • 民衆文化の世界
  • 現実ではない場所に
  • 印刷文化花盛り
  • 本は生き残る、文芸の共和国に

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 書物史への扉
著作者等 宮下 志朗
書名ヨミ ショモツシ エノ トビラ : カラーバン
書名別名 カラー版

Shomotsushi eno tobira
出版元 岩波書店
刊行年月 2016.5
ページ数 188p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-00-061134-3
NCID BB21344814
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22757654
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想