戦争に抗する

岡野八代 著

戦争は人間を傷つける-。戦争は、「正戦」や「自衛」などの名目で人間の身体を破壊し、戦火の下で苦しみ、のたうちまわる人びとの姿を捨象する。9・11事件後の暴力の連鎖。「慰安婦」にされた女性たちの経験、立憲主義と平和主義を切り捨てようとする日本政府の姿勢などを踏まえて戦争の本質を論じ、傷つきやすい身体をもつ人間の具体的な生の経験から、反暴力・反戦争の思想を紡ぎだす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部(「テロとの戦争」との闘い
  • 「慰安婦」問題と日本の民主化
  • 修復的正義-「国民基金」が閉ざした未来
  • グローバルに正義を考える)
  • 第2部(自由と平等をめぐるジェンダーの政治
  • 立憲主義再考
  • 歴史を冒涜する憲法「改正」論
  • 普遍の原理と一人ひとりの"わたしたち")
  • 第3部(「安全保障」を問い直す
  • 戦争に抗する-身体性/具体性から発する社会の構想へ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦争に抗する
著作者等 岡野 八代
書名ヨミ センソウ ニ コウスル : ケア ノ リンリ ト ヘイワ ノ コウソウ
書名別名 ケアの倫理と平和の構想

Senso ni kosuru
出版元 岩波書店
刊行年月 2015.10
ページ数 281,11p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-00-061071-1
NCID BB19835879
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22664222
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想