シリーズ大学  1

広田照幸, 吉田文, 小林傳司, 上山隆大, 濱中淳子 編集委員

グローバリゼーションにより、大学は近年、従来の教育・研究活動、また社会との関係について再考を迫られるようになった。学生の国境を越えた移動と大学教育の輸出入の拡大、就職市場のグローバル化、知と大学の関係の変化、外国語教育の新たな展開、デジタルメディアの影響等、激変する環境への大学の対応と模索を論じる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論 大学を取り巻くグローバリゼーションと未来
  • 1 グローバリゼーションと大学
  • 2 日本の大学とグローバリゼーション
  • 3 知の分断化と大学の役割
  • 4 グローバル化による競争環境の変化と求められる人材
  • 5 グローバリゼーションのなかの英語教育-国際共通語としての英語をどう考えるか
  • 6 デジタル・メディアによる大学の変容または死滅

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 シリーズ大学
著作者等 吉田 文
土屋 俊
小林 伝司
広田 照幸
廣田 照幸
松本 三和夫
松繁 寿和
鳥飼 玖美子
書名ヨミ シリーズ ダイガク
書名別名 グローバリゼーション,社会変動と大学
巻冊次 1
出版元 岩波書店
刊行年月 2013.3
ページ数 196p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-00-028611-4
NCID BB11965983
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22230165
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想