磯崎新建築論集 = ARATA ISOZAKI WRITING AS ARCHITECTURE  1

磯崎新 著

日本の建築界はいかなる過程を経て、モダニズムを受容したのか。代表的な建築家たちの格闘の軌跡を分析することで、日本の近代建築の問題点を浮き上がらせるとともに、近代を相対化し、「日本的なもの」を乗り越える著者自身の建築に対する姿勢を明らかにする。本巻は、一九五〇年代への関心を出発点とし、二一世紀的視線からとらえる磯崎版「日本近代建築史」である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 「日本的なもの」をめぐる問い(「趣味」と「構成」
  • 「構築」と「空間」 ほか)
  • 2 外からの視線(フェノロサ=パウンドの「漢字考」
  • 岡倉天心の「五浦六角堂」 ほか)
  • 3 内からの応答(堀口捨己の「非都市的なるもの」
  • 立原道造の「方法論」)
  • 4 モダニストによる変成(坂倉準三の居場所
  • 丹下健三の「建築=都市=国家」共同体としての日本)
  • 5 「日本」というアイデンティティ(「晟一好み」としてのアジア的なもの
  • テクノロジー・芸術・体制 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 磯崎新建築論集 = ARATA ISOZAKI WRITING AS ARCHITECTURE
著作者等 横手 義洋
磯崎 新
書名ヨミ イソザキ アラタ ケンチクロンシュウ
書名別名 散種されたモダニズム : 「日本」という問題構制

ARATA ISOZAKI WRITING AS ARCHITECTURE
巻冊次 1
出版元 岩波書店
刊行年月 2013.2
ページ数 271p
大きさ 20cm
付随資料 7p.
ISBN 978-4-00-028601-5
NCID BB11937999
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22217238
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想