文学

小野正嗣 著

文学は人間存在のはじまりから、その傍らに、つねに在った。言葉が発せられ、書きつけられるとき、それが他者にむけて、その心に働きかけようとするとき、文学は生まれる。想像力と共感の力を涵養し、「いま、ここ」にはいない者たちと私たちを結びつけ、人々の新たな関係性と社会、世界との結びつきを書き換えてゆく文学の可能性を、根源から問い直す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 文学はどのようにして生まれたのか
  • 2 文学を学ぶことに意味はあるのか
  • 3 文学は社会の役に立つのか
  • 4 文学の未来はどうなるのか
  • 5 何を読むべきか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 文学
著作者等 小野 正嗣
書名ヨミ ブンガク
シリーズ名 ヒューマニティーズ
出版元 岩波書店
刊行年月 2012.4
ページ数 193p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-00-028331-1
NCID BB08984899
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22104403
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想