歴史学入門

福井憲彦 著

これから歴史を学ぼうとする人にとって格好の新しい「史学概論」。社会史、史料論、地域、ネットワーク、身体、家族史、ソシアビリテ、記憶…。変貌を遂げた現代の歴史学が、どのような考え方にもとづいて研究され、どのような成果を生み出してきたのかを、一章ごとの読みきりの形で簡略に、かつ分かりやすく説明する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 歴史への問い/歴史からの問い
  • 証拠としての史料・資料
  • 歴史の舞台としての環境
  • 時間の認識と時代区分
  • 歴史の重層性と地域からの視線
  • グローバルな歴史の捉え方
  • 身体と病と「生死観」
  • 歴史人口学が拓いた地平
  • 人と人を結ぶもの
  • 比較というまなざし
  • 政治と文化の再考
  • 歴史と記憶または歴史と現在

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 歴史学入門
著作者等 福井 憲彦
書名ヨミ レキシガク ニュウモン
書名別名 Rekishigaku nyumon
シリーズ名 岩波テキストブックスα
出版元 岩波書店
刊行年月 2006.1
ページ数 159, 3p
大きさ 21cm
ISBN 4000280414
NCID BA75182107
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20984338
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想