演劇のことば

平田オリザ 著

さて、いよいよ本題にたどり着いた。どうして演劇は暑苦しいのだろう。いや、本当に演劇は暑苦しいのか。もしそうだとして、暑苦しいことは悪いことなのか。暑苦しくない演劇はあり得るのか。そんなことを、演劇の、特に言葉の問題を通じて考えてみることが、本書の一番の目的である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 あまり主旨と関係のないまえがき
  • 第1章 近代演劇前史
  • 第2章 近代演劇の成立
  • 第3章 築地小劇場の誕生
  • 第4章 築地以降
  • 第5章 戦前戦後の演劇状況
  • 第6章 演劇のことば

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 演劇のことば
著作者等 平田 オリザ
書名ヨミ エンゲキ ノ コトバ
シリーズ名 ことばのために
出版元 岩波書店
刊行年月 2004.11
ページ数 181p
大きさ 19cm
ISBN 4000271024
NCID BA69674617
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20714720
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想