大学と教養教育 = Liberal Education in the University in Post War Japan : 戦後日本における模索

吉田文 著

第二次世界大戦後、アメリカの制度を範として日本の新制大学に導入された「ジェネラル・エデュケーション」という新たなカリキュラム。大学生みなが共通のに学ぶものとされながら、常に不要論と擁護論の狭間にあったこの「教養教育(一般教育)」は、導入期、大学大衆化時代から一九九一年の制度上の廃止、そして現在へと至るまで、どのように変容・定着したのか。そして日本の高等教育システムに対していかなる役割を果たしたのか。大学教育の歴史と全体像を俯瞰する、実証研究の労作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめに 課題の設定と分析枠組み
  • 序章 アメリカのジェネラル・エデュケーションの構造
  • 第1章 混乱のなかでの一般教育の導入
  • 第2章 大学大衆化時代の一般教育
  • 第3章 一般教育政策の放棄と活性化の模索
  • 第4章 拡散する「教養」教育
  • 終章 日本における一般教育の定着形態と構造的特質

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大学と教養教育 = Liberal Education in the University in Post War Japan : 戦後日本における模索
著作者等 吉田 文
書名ヨミ ダイガク ト キョウヨウ キョウイク : センゴ ニホン ニ オケル モサク
書名別名 Liberal Education in the University in Post War Japan

Daigaku to kyoyo kyoiku
出版元 岩波書店
刊行年月 2013.2
ページ数 298,25p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-00-025879-1
NCID BB11807075
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22218130
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想