冷戦と「アメリカの世紀」

菅英輝 著

二〇世紀とは、アメリカがリベラルな秩序形成を目指した時代だとされている。しかし、その「リベラル」とは、いったいどのような性格のものだったのだろうか。一九四五年から七四年までの日本、ヴェトナム、インドネシア、中国をめぐるアメリカのアジア政策を、冷戦下でのコラボレーター育成に着目しつつ詳細に読み解くことで浮かび上がってきたのは、反自由主義を包摂した「非公式帝国」としてのアメリカの実像であった。日本の対米協力の実態をも明らかにする、緻密な戦史研究の集大成。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 アメリカの戦後秩序形成とその特徴
  • 第1章 アメリカの秩序形成(1)-北東アジア
  • 第2章 アメリカの秩序形成(2)-東南アジアと南アジア
  • 第3章 アメリカの対日政策と吉田親米政権の樹立-「交渉されたヘゲモニー」
  • 第4章 「核密約」と日米安保体制-対米依存の構造の源流
  • 第5章 ヴェトナム戦争と沖縄返還の代償-一九六五‐六八年
  • 第6章 冷戦秩序の変容とジョンソン政権のインドネシア政策-一九六四‐六八年
  • 第7章 ニクソン政権の米中和解イニシアティブ-一九六九‐七四年

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 冷戦と「アメリカの世紀」
著作者等 菅 英輝
書名ヨミ レイセン ト アメリカ ノ セイキ : アジア ニ オケル ヒコウシキ テイコク ノ チツジョ ケイセイ
書名別名 アジアにおける「非公式帝国」の秩序形成
出版元 岩波書店
刊行年月 2016.8
ページ数 332p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-00-025667-4
NCID BB2193394X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22786697
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想