幽霊塔

江戸川乱歩 著

時は、大正のはじめ。26歳のまっすぐで血気盛んな青年北川光雄は、絶世の美女、野末秋子に出会った。場所は、九州・長崎県の片田舎にある幽霊塔と呼ばれる時計塔。惨殺された老婆が幽霊となって徘徊すると噂されるところだった。秋子は、そんな場所で何をしようとしていたのか。秘密を抱えた秋子に、光雄は惹かれていき…。夥しい数のクモを飼う男、「救い主」と呼ばれる不思議な医学博士、猿をつれた太った女-怪しい人物たちが二人の周囲で暗躍する。そして時計塔の秘密とは?江戸川乱歩の名作が、宮崎駿のカラー口絵とともに蘇る!波乱万丈、怪奇ロマン。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 幽霊塔
著作者等 宮崎 駿
江戸川 乱歩
書名ヨミ ユウレイトウ
書名別名 Yureito
出版元 岩波書店
刊行年月 2015.6
ページ数 298p 図版16p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-00-025419-9
NCID BB18951965
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22594042
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想