万葉仮名でよむ『万葉集』

石川九楊 著

万葉名歌の知られざる姿-万葉仮名とは独自の表記体系であり、変容のダイナミックスをうちに宿した、「異形の漢字」である。漢字歌の姿に戻ってよみ直すとき、気づかれなかった意味とイメージの奥行きが如実に現れる。万葉仮名の書記法から女手=平仮名の成立へ。その過程に、新しい表現への欲望に突き動かされた、創造的な工夫と試行を掘り起こす。それはまさに、日本語の個性が誕生する出来事にほかならなかった。書字の現場から、新たな意味と文体と韻律の生成を追跡する、日本語創世記。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 万葉仮名とは何か(漢字歌としての『万葉集』
  • 古今和歌は平仮名歌 ほか)
  • 第2章 異形の漢字=万葉仮名が語る意味(弧島の国歌
  • 三筆と万葉仮名 ほか)
  • 第3章 文化の曲り角-表語文字から表音文字へ(表語文字から表音文字へ
  • 擬音・擬態・擬情語 ほか)
  • 第4章 女手・平仮名の成立によって何が変わったのか(三蹟と書と近代
  • 鶴と鴨 ほか)
  • 終章 万葉歌の二重性-万葉から古今へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 万葉仮名でよむ『万葉集』
著作者等 石川 九楊
書名ヨミ マンヨウガナ デ ヨム マンヨウシュウ
シリーズ名 万葉集
出版元 岩波書店
刊行年月 2011.1
ページ数 207p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-00-024810-5
NCID BB04754638
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21897665
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想