孫子兵法発掘物語

岳南 著 ; 加藤優子 訳

文革のさなかの一九七二年、山東省の漢墓から数種類の兵書が出土した。なかでも孫子兵法の二種の竹簡は、それまでその存在すら謎だった孫武・孫〓(ひん)@52E0@のこと、孫子兵法テキストの成立事情を明らかにする世紀の発見だった。さらに、出土が契機となって、二人の孫子のふるさとや墓地の場所が特定されていったり、孫子の族譜が公開されたり、孫〓(ひん)が参謀となった戦地が特定されるなど、春秋・戦国時代の兵法家の実像が明らかにされていった。発掘関係者たちへのインタビューによって事実経過を報告し、竹簡の解読の成果を盛り込み、古代中国の兵書にまつわる豊穣な世界を現代に甦らせる歴史ドキュメンタリー。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ
  • 第1章 兵書出土
  • 第2章 竹簡が明かす真実
  • 第3章 竹簡兵書からみた孫武・孫〓(ひん)伝
  • 第4章 二人の孫子と二種の孫子兵法
  • 第5章 孫武・孫〓(ひん)の実像を求めて
  • 第6章 世紀の陰謀
  • エピローグ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 孫子兵法発掘物語
著作者等 加藤 優子
岳 南
浅野 裕一
書名ヨミ ソンシ ヘイホウ ハックツ モノガタリ
シリーズ名 孫臏兵法
孫子 (経典)
出版元 岩波書店
刊行年月 2006.8
ページ数 311p
大きさ 20cm
ISBN 4000237136
NCID BA7822842X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21104967
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 中国語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想