ショック・ドクトリン : 惨事便乗型資本主義の正体を暴く  上

ナオミ・クライン 著 ; 幾島幸子, 村上由見子 訳

本書は、アメリカの自由市場主義がどのように世界を支配したか、その神話を暴いている。ショック・ドクトリンとは、「惨事便乗型資本主義=大惨事につけこんで実施される過激な市場原理主義改革」のことである。アメリカ政府とグローバル企業は、戦争、津波やハリケーンなどの自然災害、政変などの危機につけこんで、あるいはそれを意識的に招いて、人びとがショックと茫然自失から覚める前に、およそ不可能と思われた過激な経済改革を強行する…。ショック・ドクトリンの源は、ケインズ主義に反対して徹底的な市場至上主義、規制撤廃、民営化を主張したアメリカの経済学者ミルトン・フリードマンであり、過激な荒療治の発想には、個人の精神を破壊して言いなりにさせる「ショック療法」=アメリカCIAによる拷問手法が重なる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ブランク・イズ・ビューティフル-三〇年にわたる消去作業と世界の改変
  • 第1部 ふたりのショック博士-研究と開発(ショック博士の拷問実験室-ユーイン・キャメロン、CIA、そして人間の心を消去し、作り変えるための狂気じみた探究
  • もう一人のショック博士-ミルトン・フリードマンと自由放任実験室の探究)
  • 第2部 最初の実験-産みの苦しみ(ショック状態に投げ込まれた国々-流血の反革命
  • 徹底的な浄化-効果を上げる国家テロ
  • 「まったく無関係」-罪を逃れたイデオローグたち)
  • 第3部 民主主義を生き延びる-法律で作られた爆弾(戦争に救われた鉄の女-サッチャリズムに役立った敵たち
  • 新しいショック博士-独裁政権に取って代わった経済戦争
  • 危機こそ絶好のチャンス-パッケージ化されるショック療法)
  • 第4部 ロスト・イン・トランジション-移行期の混乱に乗じて(「歴史は終わった」のか?-ポーランドの危機、中国の虐殺
  • 鎖につながれた民主主義の誕生-南アフリカの束縛された自由
  • 燃え尽きた幼き民主主義の火-「ピノチェト・オプション」を選択したロシア)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ショック・ドクトリン : 惨事便乗型資本主義の正体を暴く
著作者等 Klein, Naomi
幾島 幸子
村上 由見子
クライン ナオミ
書名ヨミ ショック ドクトリン : サンジ ビンジョウガタ シホン シュギ ノ ショウタイ オ アバク
書名別名 The shock doctrine

Shokku dokutorin
巻冊次
出版元 岩波書店
刊行年月 2011.9
ページ数 345, 46p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-00-023493-1
NCID BB06708799
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21997602
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想