資生堂という文化装置 : 1872-1945

和田博文 著

西洋的な都市景観が出現した東京銀座で、洋風調剤薬局として創業した資生堂は、モダン文化の核となる。そして関東大震災からの復興後は、パリのイメージを背景に、モード・ファッション・化粧・髪型から、商業デザイン・美術・食文化まで、一層幅広い都市文化を発信してゆく。「大東亜戦争」によって、その役割を終えるまでを、豊富な資料と図版で解き明かす決定版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 文化装置の誕生-関東大震災以前
  • 第1章 一九二〇年代の都市文化と『資生堂月報』1924‐1931
  • 第2章 モダンガールと職業婦人-資生堂化粧品部
  • 第3章 アール・ヌーヴォーと商業美術-資生堂意匠部
  • 第4章 アートの空間-資生堂ギャラリー
  • 第5章 銀ブラとグルメの楽しみ-資生堂パーラー
  • 第6章 一九三〇年代の都市文化と『資生堂グラフ』『花椿』1933‐1940
  • エピローグ 文化装置の崩壊-日中戦争以後

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 資生堂という文化装置 : 1872-1945
著作者等 和田 博文
書名ヨミ シセイドウ ト イウ ブンカ ソウチ
書名別名 Shiseido to iu bunka sochi
出版元 岩波書店
刊行年月 2011.4
ページ数 443, 49p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-00-023488-7
NCID BB05559740
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21937840
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想