虚誕 : 警察につくられた桶川ストーカー殺人事件

鳥越俊太郎, 小林ゆうこ 著

1999年に起きた桶川ストーカー殺人事件は、まさに警察によってつくられた事件であった。本書は、事件から3年、国家賠償を求める被害者遺族への警察の信じられない反論と攻撃、そして家族崩壊の危機、近隣との対立などを乗り越え、愛娘のために闘い続けた遺族の記録である。権力の本質、被害者の実態、権力とメディアと被害者の関係のあり方を問う。はたして市民は権力と戦えるのか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 遺言が示唆した真実
  • 第2章 エスカレートした殺意
  • 第3章 開き直りの応訴
  • 第4章 被害回復の代償
  • 第5章 歪む刑事法廷
  • 第6章 判決までの射程距離

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 虚誕 : 警察につくられた桶川ストーカー殺人事件
著作者等 小林 ゆうこ
小林 優子
鳥越 俊太郎
書名ヨミ キョタン : ケイサツ ニ ツクラレタ オケガワ ストーカー サツジン ジケン
出版元 岩波書店
刊行年月 2002.11
ページ数 231, 2p
大きさ 20cm
ISBN 4000225227
NCID BA59908970
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20359787
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想