自己の啓発

安西祐一郎 ほか著

人間には、自分でも気がつかない素晴らしい能力が潜んでいる。そうした知性、感性、身体にわたる潜在能力を自己発見する活動が「自己啓発」であり、それに資するあらゆる場面でマルチメディア情報が利用できる。電子図書館、ディジタルミュージアム、教育システム、スポーツ、医療を例に、そこでのマルチメディア情報の意義、利用の方法、基本的技術などについて解説する。個人の能力が問われる生涯学習社会において、世界の変化を吸収し、新しい情報を発信し、自分に合った暮らしをしていくための自己啓発にマルチメディア情報がどう関わるのか。またマルチメディア情報社会において自己啓発がどのように行ないうるのか。読者自らも考えてほしい。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 電子図書館
  • 2 ディジタルミュージアム-新しい博物館の構築
  • 3 マルチメディアを利用した教育教材
  • 4 マルチメディアを用いた新しい教育環境
  • 5 スポーツとマルチメディア
  • 6 医療分野における情報のマルチメディア化

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 自己の啓発
著作者等 坂村 健
大槻 説乎
安西 祐一郎
山本 正信
長尾 真
鳥脇 純一郎
書名ヨミ ジコ ノ ケイハツ
シリーズ名 岩波講座マルチメディア情報学 11
出版元 岩波書店
刊行年月 2000.2
ページ数 265p
大きさ 23cm
付随資料 CD-ROM1枚 (12cm)
ISBN 4000109715
NCID BA4552356X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20046252
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想