ホームレス問題何が問われているのか

小玉徹 著

日本のホームレス問題は、あきらかに最近の不況にともなう失業の増大に関係している。にもかかわらず、依然としてホームレスを「怠け者」あるいは「好きでやっている」とみている市民も少なくない。いったい野宿生活者は、どのような人々なのだろうか。具体的にいかなるプロセス(理由)を経て野宿生活者となったのだろうか。この間、政府と関係する自治体がとってきた対策は有効だったのであろうか。さらに野宿生活者を支援する諸団体は、どのような活動をし、当局に何を要求しているのだろうか。総じてわれわれは、ホームレス問題を、どのように考えたらよいのだろうか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ホームレスの素顔
  • 公共空間から排除されてよいか
  • 政府、自治体による対策の問題点
  • 野宿者支援団体の活動からみえてくること
  • セーフティネットの再構築に向けて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ホームレス問題何が問われているのか
著作者等 小玉 徹
書名ヨミ ホームレス モンダイ ナニ ガ トワレテイルノカ
シリーズ名 岩波ブックレット no.591
出版元 岩波書店
刊行年月 2003.3
ページ数 63p
大きさ 21cm
ISBN 400009291X
NCID BA61471660
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20392254
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想